ぬか床リベンジ

去年仕込んだ糠床は、混ぜるのをサボったせいで表面が真っ白。

それに農薬は、糠に溜まることを知ったので再度つくらずでした。

 

しかし!

農薬、化学肥料不使用の糠を入手したので再度挑戦!

そして今回は、裳掛の塩(夏至炊き)を使ってみようと。

こだわった材料を使用すれば愛着がわいて長く続くような気が。

 

早速混ぜてみよう!

さらさら。そのまま食べても美味しい!

ぬか1kg。水1リットル。塩150g。昆布適当。

ナカダの手についた菌をよく混ぜる。

甕に詰めて本日終了。

明日は、野菜のかけらを漬けて乳酸菌を増やしていこう!

炒りぬか

ぬか床に糠を足すため地域の精米所にもらいにいった!

 

今回は、炒りぬかにして足そうかな~

DSC05944

五徳を手に入れたことにより、フライパンも使えるようになったドラム缶囲炉裏で。

DSC05945

塩分が12%になるように塩を足してぬか床へ投入!

 

最近、寒いからいいやと思い混ぜるのをサボっていたが・・・

当分の間は、よく混ぜねば。

燻したダイコン

火棚で軽く燻されたダイコン

2週間ほど干したものを火棚の上にのせ3日間!

DSC05096

乾燥して小さくなった気がする?

表面はかなりシワシワに!

DSC05195

ほど良く乾燥したので、ぬか床へ

DSC05198

はたして沢庵っぽくなるのか?

 

出来上がるのが楽しみ。

ハヤトウリ

「ハヤトウリ」を貰った!

DSC04868

はじめて聞いた名前の野菜なのでなんぞや。

「隼人瓜」と書くみたい。

最初に鹿児島に持ち込まれたからそう呼ぶそうだ。

 

粕漬けにしたら良いみたいだが粕漬け作りのレベルまで達していないため違う方法を探す。

 

DSC04869

 

!うちにはぬか床があるではないか!

DSC04870

ということでぬか床に投入することにした。

 

実が若いうちは皮を食べれるそうですが時間が経った実の皮はあまりおいしくないようなので、皮をむいてワタをとって切って投入。

 

昨日朝漬けて今朝出しました。漬け時間約24時間。

DSC04872

 

「カリッ」と。

すっぱくてシャキシャキしててうまい!

 

また一つ野菜を知った。

ぬか追加

日課。

1日2回のぬか床混ぜ。

DSC04704

もう少し「ぬか」があった方がたくさん漬けれるなーと思い。

 

精米所で「ぬか」を貰ってきて補充!

ぬか150gと塩22gを追加。

 

やっぱり毎日混ぜていると表面に「産膜酵母」が発生しない。

冷蔵庫で作っていたときは、あまり混ぜなかったから表面が「産膜酵母」で真っ白!

 

明日は何を漬けようか?

ぬか床にナス投入!

最近、地域の方からナスを良くいただきます。

ぬか床も乳酸菌たちが活躍しはじめていい感じになってきた!

なのでナスを漬けることにした。

 

丸いナスと長いナス。

DSC04201

色落ち防止に鉄をいれたら良いみたいなので鉄ナスを一緒に投入!

鉄ナス久しぶりの出番なので若干錆びていた・・・

 

ぬか床が甕の半分しかないので全部いれたら満杯に。

もう少しぬか床を増やさねば。今度またぬかを貰いに行きます。

 

1日ぐらい漬けらよいみたいなので明日が楽しみ。

ぬか床開始!

「ぬか」が手に入ったので早速ぬか床を準備した!

DSC03986

材料:ぬか800g(炒って使用)、塩分13%の水、唐辛子、昆布

菌:良い乳酸菌に増えてほしいから、ご近所の自然農をされている方から頂いたナス

※途中味見がてら食べるのが楽しみ!

 

10日後頃からは本漬けができるみたい。

待ち遠しい!

 

以前、発酵されているぬか床でぬか漬けを漬けたことはあるが

生ぬかから漬けるのは初めてなのでうまく漬かるか?

 

発酵食品生活が始まります!

DSC03983

 

ちなみに籾殻も貰った!大量!

DSC03981