桐の薪

家の前の柿畑に倒れている枯木。

直径20cmぐらいある桐。

桐は燃えにくいし煙出るから薪に使えないな。

使い道がないので、どうしようかと思案。

でも良くみると。

結構乾燥しているようだったので薪に使ってみるか。

ほどよい大きさにして燃やしてみた。

燃えた。

今まで使っていた桐の薪よりは良く燃える。

良く乾燥している桐は、薪に使えることを知った。

問題点は、良く弾くので灰が舞う。

でも音はいいですねー。

熾火になったら小さくパチパチと鳴って他の木では出ない音。

これで倒木は片付けできそう。

でも、桐の薪は基本的にあまり使いたくはないですけど。

去年の枝

寒い日が続くと土間にいる率が高くなってくる。

そうです、土間生活。


薪に使うのは、去年剪定したウメやらスモモやら。

ほどよく乾いていてちょうどいい。

木と竹を簡易かまどにいれてファイヤー。

落ち着いたらいい火になるので暖かい。


剪定枝も大活躍!

使えるブロック

地域の方から貰ったブロック。

正方形なのであまり使い道がなかったけれど。

(主にプランターや鉢の下に敷いて使用)

 

囲炉裏に使ってみたら。

かなり便利!

 

耐火レンガらしい。

火柱が上がるような火でも今のところ耐えているのでたぶん大丈夫。

※以前、石を使ってみたら破裂したことがあるので。

積み上げて、お湯を沸かしたり。

鉄板焼きの時の足にしたりと。

 

大活躍しています。

他にも用途がありそうです。

餅を焼こう

そうだ餅を焼こう!

奥で熾きを作りながら、手前で餅を焼く。

ドラム缶囲炉裏、便利!

 

買った煎餅があったので追い焼きしてみた。

焦げないように頻繁にひっくり返す。

カリッと香ばしくなった。

冷えている煎餅とは違う美味しさに。

 

そろそろ餅が焼けました。

剪定したら薪ができる

スモモを剪定。

 

日当たりが悪くなっているので長く伸びた幹を剪定。

薪がたくさん出来た。

 

当たり前だが剪定したら薪ができる。

火を使わない人は、剪定枝は不要らしい。

 

しかし!

我が家では、資源。

 

剪定と薪集め。

同時にできて、一石二鳥!

「火」の年

「火」。

年始に書いた書初め「火」。

 

今年は火の年になるだろうと思いこの漢字。

そして火の年になった。

 

今まで生きてきたこんなに火と接していたことはない。

 

火のおかげで「ほど暮らし」が充実。

ご飯を食べれたし。

暖をとれたし。

虫が少なかったし。

会話が弾んだ。

 

火の有難さを知った1年。

火に感謝。

 

これからも火は大活躍です。