でんでん太鼓

梅雨頃に作った竹の玩具。

燃料用に切ってきた竹がちょうどいい大きさだったので作ってみた。

でんでん太鼓一号。

二号を作るかはわかりませんが。

梅雨以降、常時湿気いるので和紙がぶよぶよ。

鈍い音がなります。

あまりいい音はでていない。

そんな音で落ち着くのだろうか。

風呂敷修理

穴の開いた風呂敷。

主に風呂敷バッグに使用していた。

結構前に穴が開いていたけど放置していた。

そろそろ使うか。

しかし、このまま使うと何か落ちそうなので修理。

違う布を上から縫うだけ。

縁はギザギザミシンでとめる。

これでまた使えるようになった。

自家製墨を干す

4本目の固形墨

約1カ月、灰に埋めて乾燥。

固くなってきたので取り出して、灰を洗い落とし。

3本目の固形墨とともに火棚に吊るして干す。

早速、試しに磨って書いてみた。

4本目の墨は、サイズが大きいのでたくさん磨れる。

濃い黒。

年賀状はこいつで決まりだな。

4本目の墨

3本目の墨を試しに磨ってみたら、なかなか良かった。

2週間ほど灰に入れて乾燥。ある程度固くなっていた。

1,2本目は最初なので小さめに作ったので磨りづらかった。

なので3本目は小学校で使う墨ぐらいの大きさ。

やっぱり大きいほうが磨りやすい。

まだ煤が残っていたのでもっと大きい墨を作ってみた。

左が4本目の墨。右が3本目の墨。

分量は3本目の倍。

昨日作って灰の中で乾燥中。まだ柔らかい。

鍋の煤は、すべて使い切った。

なのでまた煤がたまったら作ってみよう。