引込線の移動完了

納屋が壊れそうで危ない引込線。

納屋の前
母屋の前

2月に現場調査してもらって、6月ごろに変更予定だった。

だけど予定が早くなって本日切替してもらった。

電力会社管轄のようで無料。

納屋の前に電線が無くなりスッキリ。

納屋前

なんか大きくなる木を植えようかな。

これで納屋が壊れても大丈夫。

母屋前

ベストな位置に引込線が来ました。

モモの木が大きくなってもあたらない。

引込線の移動

納屋が崩れそうで電気の引込線が外れそうになっている。

昨日、現場調査をしていただいた。

電柱から納屋の取付点までが電力会社の所有の可能性があり。



納屋の取付点から母屋までは所有外で費用かかかる可能性がありましたが。

結果的には、電柱から母屋まで電力会社の所有だそうです。

なので費用の発生無し!

安心しました。

工事は、急ではないので3か月後を目安に調整いただけるそうです。

移動後はこんな感じになりそうです。

電柱間にワイヤーを張り。

そのワイヤーに沿って途中まで引込線がきて。

そこから母屋に引き込むみたい。

正直、納屋の電線は邪魔だったので助かります。

引込線と納屋

納屋がどんどん崩壊していく。

かかわらないでおこうと思ったけど・・・。

電気の引込線が納屋を経由。

崩壊により引込線を支える金物が外れそうになっていた。

さすがに引込線は自分で移動できないので電力会社へ連絡。

場合によってはお金がかかるみたいな。

明日、現場確認をしてくれるそうです。

コンセントカバー2

先日、取り付けたコンセントカバー

他のところにもコンセントカバーを付けてみた。

玄関の近くにコンセントが欲しくなったので付けたけれど。

こちらも土間同様にホコリやらが多いのでコンセントカバーを付けることに。

今回は100均の木箱を利用。

蓋と金具を付けたらいい感じのコンセントカバーになった。

元の天井の色

火を焚いていない土間の半分。

そこの天井に付いている蛍光灯を撤去。

天井は白かった。

煙と煤で天井が黒くなっていましたが本来の色は真っ白でした。

蛍光灯のカバーが真っ黒になっていて電源をONにして暗いまま。

そろそろ天井を剥がそうか剥がすまいか。

なので蛍光灯のユニットが邪魔だったけど、資格がないとケーブル外せないし。

でも資格を取得したのでようやく撤去できました。

コンセントカバー

土間側につけたコンセント。

ホコリやらを防ぐためにコンセントカバーをつけてみた。

端材と100均の金具を使用。

使わないときは蓋を閉めとけば、少しはホコリやらを防げるはず。

ホコリがいっぱい

電気配線を交換中。

今回もコンセントが危険な状態だった。

コンセントのカバーを外したら・・・。

ホコリまみれだった。

危うく火事になるところでした。

なんか電線の周りが緑色になっているし。

のの字曲げが適当で欠陥工事がされているし。

新品のコンセントに交換完了したのでもう安心。

でも定期的に確認したほうですね。