水が出ない

そろそろ洗面台を使えるようにするか。

洗面台の排水口が壊れていたので交換すれば直りそう。

ネットで排水口パーツが売っていた。

引っ越した時は、蛇口から水が出たので念のために確認。

出ない。

蛇口のパッキンが劣化しているかと思い交換してみたが。

出ない。

確実ではありませんが井戸から水が来ていたようです。

なのでこの蛇口は使えなさそう。

自分で水道管を付けようと考えましたが、違法なようです。

給水設備工事は業者しかダメなようです。

どこかの蛇口からホースで引っ張ってくるか。

薪風呂とバケツ

薪で風呂を沸かすと熱々になる。

冬だと適温に沸かすと、入った後はお湯が減った分、水を足す。

温度が下がるので次の人が入れる温度になるまでまた時間がかかる。

なので最初に熱々に沸かす。

そして混ぜずに熱々の上の部分のお湯をバケツにためる。

減った分、水を足すとちょうどいい温度になる。

入った後、この熱々のお湯を戻せば次に入る人も熱々になる。

薪の風呂は、温度調節が必要なので工夫が必要。

薪ストーブの煙突掃除

3か月で煙突の曲がっている部分に煤が溜まって煙が通らなくなった。

なので寒くなった冬はどのくらい煤が溜まるか検証するために前回は12日後に煙突掃除。

そこそこ溜まっていた。

タールが固まって固形状のものも多かった。

そして今回も12日後に煙突掃除。

前回よりは断然少ない量。

しかもサラサラして粉状。

やっぱりここ数日は、乾燥している立ち枯れした木を使用していたので煙も少なく煤も溜まらなかったのだろう。

木の種類、乾燥具合でこんなに煤の溜まり方が違うのだと実感した。

それにしても煙突掃除後の薪ストーブは、心地いいぐらい吸い込みがいいですな。

煙が逆流

なんかここ数日、薪ストーブの煙が薪の投入口から出てくるな。

寒いから煙突内に上昇気流が生まれず逆流するのかな?

原因がわからないのでとりあえず煙突内を掃除してみるか。

大量の煤。

煙突のL字部分に煤が溜まっていて煙が流れなかったようです。

煙突掃除後は、みごとに煙が煙突側に吸い込まれていくようになりました。

煙突の掃除の有無でこんなに違うのか!。

薪ストーブを導入して約3か月。

冬は2か月に1度ぐらいは煙突掃除が必要だな。

薪ストーブ設置完了

薪ストーブの設置完了。

試しに火をつけてみた。

薪ストーブ本体から煙が出てきて驚く。

使い始めは塗装から煙と臭いが出るらしい。

使っていくうちに臭いは落ち着いてくるので問題なさそう。

思った以上に部屋が暖かくなります。

寒くなってきたら本格的に使用開始だな。

薪ストーブ設置準備6:メガネ石設置

天井裏の窓にメガネ石を設置。

壁に穴を開けるのは大変。

だけど、ちょうどいいところに天井裏の窓。

木枠で頑丈に固定してメガネ石を設置。

煙突の長さもちょうど良さそう。

次回は外の煙突の取り付け。