漢服の画像をみていたらふと思った。

スカートみたいなやつ。

これ子供服にいいじゃん。

構造を調べてみたら巻きスカートのようです。

巻き加減を変えたら長く着られそうだし。

形もシンプルで縫いやすそう。

日本では「裳」というやつ。

僧侶が岩に掛けて地名になったとかゆうやつ。

早速縫ってみた。

一つ身長着を縫ったときに余っていたオックスフォードのダマスク柄。

スカート類は縫わないので襞部分がよくわからなかったけど。

なんとなく縫う。

早速、着せてみる。

着方は、中国人の漢服を着る動画を参考に。

便利な世の中だ。

サイズもぴったり。

かっこいいねー。

襞を研究して他にも「裳」を作ってみるか。

洗濯したらどこかの岩に掛けてみようかな。

腰揚げ

涼しくなってきて久しぶりに一つ身長着

丈が短い。

でも心配ご無用。

腰揚げを調整すれば問題なし。

一旦腰揚げの糸をほどいて。

前よりも少し丈を長くして再度腰揚げ。

ぱっと見た感じはあまり変わりませんが。

着たら足も隠れてちょうどよい長さに。

腰揚げ位置を変えたらまだまだ着られる。

時代衣裳の本

先日、子供袴を縫った。

そしたら自分の袴も縫いたくなった。

何度か自己流で袴を縫ってきましたが再度、形を検証してみようと思った。

なので時代衣裳の縫い方を図書館でリクエスト。

やっぱり参考になります。

次はどんな柄にしようか。

一つ身長着と子供袴

先日縫った子供袴

一つ身長着と組み合わせてみたら。

いい感じになった。

試しに着せてみたら良さそうでした。

写真を撮ろうと思ったけど、暑くてすぐ汗だくになったので断念。

涼しくなったら着ているところをアップします。

子供袴

以前から次は子供袴と思っていた。

そして本日、やる気になったので勢いで縫ってみた。

いつも縫っている袴と違って今回のはスカート状の行灯袴。

襞はいつもより多め。

ですが手順はほぼ同じなので勢いで縫えた。

それに売り物でもないし普段着なので若干おかしなところもあり。

着物類は大人でも子供でも似たような形なので一回縫ってみたら後は楽。

秋冬になって涼しくなったら、これを着て買い物に出かけてみるか。

今は試しに着せてみたら汗だくになったので危険ですな。

ドングリ柄の腹掛

最近、昼は暖かいので子供は肌着に金太郎腹掛

天気が悪い日が多く、腹掛の替えが欲しいので追加で縫う。

表地は、羽織の裏地に使ったドングリ柄のオックスフォード生地。

裏地と紐は、ダブルガーゼ。