新しい赤ちゃん着物

前から気になっていた赤ちゃん着物。

頂いた和裁の本にのっていたやつ。

褌と着物を足したような形。

早速縫ってみた。

試しに黒シーチング生地を使ってみた。

後ろを長くして紐をつけた形。

上部分のサイズは一つ身半着とほぼ同じ。

試しに着せてみた。

褌と違い前から紐を結ぶ。

思っていた以上にしっくりときている。

これは使えそうな予感。

新しい赤ちゃん着物が加わった。

昔の和裁の本には参考になるものがたくさんのっているので楽しい。

一つ身半着(星柄ネル)

星柄のネルが余っていたので一つ身半着を縫う。

一つ身長着の時とは違う片身変わりにしてみた。

着たらこんな感じ。

ネルなので夏は暑いですが春秋にはちょうど良さそう。

半着七号

去年作ったメキシカンドビーの半着が昨冬に大活躍。

なのでもう一着つくろうかな。

そういえば今年は、ちびっこ着物ばっかり作っていたような。

今回の半着は、衿や袖を臙脂色の生地にしてみた。

巻袖&筒袖の組み合わせは、なかなか使い勝手が良い。

筒袖もありだな

先日縫ったタータンの半着

こいつの袖の形がなかなか良かった。

前々作の半着から試しに変えてみた袖。

巻袖+筒袖。

 

1、普段は二つ折り。

 

2、寒いときはそのまま。

手が全部隠れる長さがあるので、凍てつく寒さの時には重宝しそう。

 

3、作業等の時は四つ折り。

ようするに袖をまくれるってこと。

 

まー洋服では当たり前の袖ですが。

着物からの流れでたどり着くと新鮮。

タータン半着

前回作ったメキシカンドビーの半着五号。

 

民族衣装っぽい半着シリーズを他にも作ってみたくなった。

それに前回のメキシカンドビーはかなりの厚手だったので普通な感じのもあったらいいかも。

 

ということで民族衣装の本を眺めていたら。

やっぱり出てきた定番のタータン。

 

これだ!

でも全部タータンじゃなくて肩身変わりにしてみよう。

 

そしたらこんな感じに出来ました。

袖は前回と同様の巻袖+筒袖。

もはや民族衣装っぽく無くなってしまったが、いいのではないか。

 

タータンは学生服のイメージ。

でも、ここまで形が違うとタータンもなかなかいい柄。