薪風呂の加減

今月初めに導入した薪風呂。

沸かしすぎてアツアツの日もありましたが。

ようやく今の季節の沸かし具合がわかってきた。

現状1時間半、沸かして様子見。MAX2時間もあれば沸く。

あと、湯かき棒がなかなか良い仕事をしてくれる。

風呂歴史

最近設置した薪風呂のお陰で、寒い冬でも温かい(と言うか熱い)お風呂に入れます♪

思い返してみれば仲田家の風呂は苦難ばかりだったなぁ。

2015年~2017年 簡易湯沸かし器「沸かし太郎」(初代)

2017年~2018年 囲炉裏で湯を沸かす「寸胴鍋次郎」

2018年夏 太陽光で温める「黒ポリタンクさん

2018年~2020年 「沸かし太郎」(2代目)

2020年2月~ 薪で沸かす「薪三郎」

特に辛かったのが寸胴鍋次郎の時…。囲炉裏でひたすらお湯を沸かして風呂に注ぐ。

熱々のお湯が入った熱々の寸胴鍋をお風呂に運ぶ作業が大変だし危ないし。煤だらけになるし。本当あの頃最悪だった(^^;)

しばらくは薪三郎で落ち着くかな。次はもしかして五右衛門風呂の「五右衛門四郎」か?!(笑)

リゾートごっこ

お風呂の蓋を見て思いついた。

リゾートのおしゃれなバスルームって風呂に板渡してキャンドルとか焚いてるよね?(※私の想像するリゾートね。笑)

 

じゃあ風呂の蓋一枚渡してキャンドル焚いたらリゾート気分で入浴できるんじゃね?(゜▽゜*)

 

板渡して…。

キャンドル置いて…。

うん。めっちゃ怪しくなった!!(笑)

でも、リラクゼーション的なBGM流して、キャンドルを眺めてたら結構癒された(*´▽`*)

お花とか散らしたら、もっとそれっぽくなるかな?(笑)

8月はそのまま

先月、試しにしてみたこと。

太陽光でお風呂のお湯を温める。

黒いポリタンクを使えば炎天下だとお湯に。

 

しかし。

8月は水道水のままでこの方法を使わずお風呂へ。

 

何故かというと。

水道水が若干ぬるいのでそのままでも大丈夫だった。

 

最初は冷たいですが、徐々にぬるい水が出てくる。

昼間に経路のどこかで温まっているようです。

 

昨年も8月は水風呂。

今年は一段と暑い日が続くので水風呂でも問題なさそう。

 

涼しくなったらこの方法に戻して風呂に入るか。

太陽光で風呂

3日前から試している風呂の湯沸かし。

 

黒いポリタンクを使ってお湯を沸かす。

一昨日は半日、日が照っていてそこそこ温かくなった。

昨日と今日は、一日中いい天気。

風呂に入るには充分の温度になった。

 

これは、いけそう。

9月頃までは、晴れた日はこの方法で風呂に入れそう。

とうとう壊れた

とうとう我が家の湯沸し器が壊れました(;;)

引っ越してきた日から毎日使っていた簡易湯沸かし器の『沸かし太郎』。

こいつを湯船に沈めて電気で温める仕組みです。

「簡易」ですから、本来はお風呂の保温や少量のお湯を沸かす為に使うもの。

こんな毎日がっつり風呂を沸かすには向いてない訳です。しかも電気代ハンパねぇ(^^;

いつか壊れると思っていたけど、まぁ2年ももったのは奇跡じゃないですかね?笑

 

さぁ~て、これから地獄の冬がやって来るのに風呂が沸かせないなんて…

仲田家、大ピンチ!!!

ちなみに『沸かし太郎』を買い替える気はありません。地味に高いです太郎…

 

モウ、ドウスレバ良イノカ?

笑ウシカナイネ(´▽`)アハハ