スウェーデントーチ

チェーンソーを手に入れた。

やっぱり、これをするしかないでしょう。

あこがれのスウェーデントーチ。

数年前に大量にもらったヒノキ。

よーく乾燥している。

縦に切れ目を入れて着火。

良い火だな。

ヒノキの部分が燃え出したら何もせずに燃え続ける。

これはすごい。

囲炉裏の中に置いて鍋を温める。

やっぱり楽しかったスウェーデントーチ。

「火」の年

「火」。

年始に書いた書初め「火」。

 

今年は火の年になるだろうと思いこの漢字。

そして火の年になった。

 

今まで生きてきたこんなに火と接していたことはない。

 

火のおかげで「ほど暮らし」が充実。

ご飯を食べれたし。

暖をとれたし。

虫が少なかったし。

会話が弾んだ。

 

火の有難さを知った1年。

火に感謝。

 

これからも火は大活躍です。

温石を試してみた

温石(おんじゃく)というものを知った。

昔使われていた暖を取る方法らしい。

 

石を温めてカイロのように使う。

 

早速試してみました。

dsc09253

鉄平石のかけらがあったのでこの石を使用。

以前、直火で石を温めたら破裂したので今回は慎重に。

dsc09254

熱くなった石を手拭いでくるんで。

dsc09255

おぅ!温かい。

何回か試してみて使えそうだったら暖房器具の仲間に。

水道管に藁(7日目)

水道管に藁を巻いて7日目の朝。

台所の水は、昨夜から出ていない・・・

 

目覚めてすぐに確認したら・・・

まさかの。

DSC05898

「つらら」!!!

※この写真は水滴の落ちる瞬間ではありません。

 

室内ですけども。

 

室外の露出した部分の水道管しか対策していなかった・・・

水をチョロチョロ出しておけば良かったと。

 

今朝は、家の水道が全部出ず。

恐るべし寒波!

 

寝てた部屋は、「-2℃」。

DSC05900

起きたらすぐにドラム缶囲炉裏で薪を燃やす!

DSC05912

のありがたさを再認識。

DSC05635

 

外の状況はというと。

DSC05905

激しい霜!

空は快晴なのでおそらく雪ではないと。

満月がくっきり見えた。

DSC05902

桶の水は凍り。

DSC05909

家の前にあるミニ池の水も凍り。

DSC05906

道は霜でキラキラ!

DSC05907

 

明日の朝も激しく寒いみたいなので水道管対策を行います。

「藁」の保温性は実証されたが、記録的寒波には別の対策が必要なことを知った!

「火」

書初め。

DSC05635

今年は、「火」。

生活に「火」が欠かせないから。

DSC05630

移住してから「火」のありがたさを感じてます。

食事を作ったり、暖をとったり。

 

数年前まで「火」を使うのは、ほぼガス。日常で見るのは「青い火」

一時的にマッチの火で蚊取り線香に火を付けたり。

たまにロウソクの火を明かりにして楽しんだり。

 

そのくらいだったのが移住してから、食事はほぼ薪の「火」を使う。

冬は囲炉裏の「火」がなければ、どうなっていたか・・・

日常で見るのが「赤い火」に!

 

使う「火」の色も変わり、生活に身近になったので。

今年は、この漢字!