薪風呂の加減

今月初めに導入した薪風呂。

沸かしすぎてアツアツの日もありましたが。

ようやく今の季節の沸かし具合がわかってきた。

現状1時間半、沸かして様子見。MAX2時間もあれば沸く。

あと、湯かき棒がなかなか良い仕事をしてくれる。

メジロとの戦い

昨日今日は急に気温が上がって暑いくらいでした。

天気も良いし、梅も咲き始めていたので観梅しながら昼食(^0^)

日当たりが良い所の枝はほぼ満開になっていました。

と、梅を眺めていたら…

メジロがやってきた!!

これは絵になる!!是非写真に納めたい!!

そしてメジロと私の戦いが始まった(笑)

常に枝から枝へと飛び回っていて、なかなかカメラが追い付かない。

急いでカメラのシャッターを押しても残像が写るだけ…。

何枚か撮ったけど納得のいく写真は撮れなかったな。負けました…(;_;)

この写真が一番マシかな(^^;)

花の蜜をついばんでるところ。

ミツバチも忙しそうに花から花へと飛び回っていました。

春だな~♪

羽織

羽織を縫ってみようかと。

裏地付きの袷羽織にしようと思ったけど、袷ははじめてだな。

試しに余っているダブルガーゼで縫ってみた。

赤と緑の片身変わり。

適当に組み合わせてみたけどいい感じ。

以前縫った、綿入り袖なし半纏に袖を付けたような形なのでそんなに大変ではなかった。

サイズもちょうどいい。

今回は一つ身ではなく三つ身ぐらいのサイズ。

肩揚げの位置を変えたら5歳ぐらいまで使えるかな。

煙突掃除

煙突掃除ブラシを手に入れたので使ってみた。

まだ10回以下しか薪風呂を使用していないけど、どれぐらい煤が取れるだろうか。

本体と煙突のつなぎの部分には結構たまっていた。

煙突掃除ブラシで煤を集めてみると。

そこそこの煤がとれた。

思ったより煙突掃除が大変じゃなかったので数か月に一度の煙突掃除は問題なさそう。

どのくらいの頻度がいいのか確認してみるため。

今度は1か月後に煙突掃除をしてみるか。

真冬に逆戻り

昨日から急に気温が下がって、今朝はマイナス3℃でした…。

割りと過ごしやすい日が続いていたので、もうマイナス気温になる日は無いだろうと勝手に思い込んでいたが、甘かった(>0<。)

寒い寒い!めちゃくちゃ寒い!!

しかも外は台風並みに強風が吹いてるし、なんか異常な感じ。

2月ってこんな風吹いたっけ?隙間風がすごくて扉ガタガタうるさい。

ってゆーか、家壊れる(笑)

風呂歴史

最近設置した薪風呂のお陰で、寒い冬でも温かい(と言うか熱い)お風呂に入れます♪

思い返してみれば仲田家の風呂は苦難ばかりだったなぁ。

2015年~2017年 簡易湯沸かし器「沸かし太郎」(初代)

2017年~2018年 囲炉裏で湯を沸かす「寸胴鍋次郎」

2018年夏 太陽光で温める「黒ポリタンクさん

2018年~2020年 「沸かし太郎」(2代目)

2020年2月~ 薪で沸かす「薪三郎」

特に辛かったのが寸胴鍋次郎の時…。囲炉裏でひたすらお湯を沸かして風呂に注ぐ。

熱々のお湯が入った熱々の寸胴鍋をお風呂に運ぶ作業が大変だし危ないし。煤だらけになるし。本当あの頃最悪だった(^^;)

しばらくは薪三郎で落ち着くかな。次はもしかして五右衛門風呂の「五右衛門四郎」か?!(笑)

電気配線を自由に変えられる

先日、第二種電気工事士の免状が届きました。

これで電気配線を自由に変えられる。

古民家なので怪しい配線もあったりするのでそれらも交換できます。

リフォームのネックだった電気配線問題もなくなったので改装を少しは進めようかな。