ミツバアケビ

何年も手入れされていない古民家の庭。

ツル植物たちも生い茂っている。

ただの邪魔な植物だなと思ってしまいそうだったが・・・

これはいかん!

「ほど暮らし」とは、身近にある使える植物を利用する。

ということで図書館で借りてきた本で調査。

夏休みの自由研究みたいで楽しい!

ゲッケイジュに絡みついているツル植物。

よく見たら花が咲いている。

葉っぱを確認してみたら正体が判明!

「ミツバアケビ」!

アケビの一種らしい。

用途もほぼアケビと同様。

あれ、この葉っぱどこかで見たような気がする・・・

そうだいつぞやに植えたアケビの種

おぞましいくらいに芽が出てきていたこれ。

庭にあったらいいなと思い何本か鉢上げ。

葉っぱの形が同じ。

こいつも「ミツバアケビ」だったのか!

クコ同様にけっこう庭に生えていた。

アケビのツルはいろいろと使えるらしい。

ツルを使った何かを作ってみたくなりますな。

あと今年は、アケビを食べてみようかな。

庭にまた一つ資源が増えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください