ニホンタンポポ

家の近くの雑木林を散策していると、ちょっと小ぶりなタンポポを発見。

でも、よく見かけるタンポポとちょっと違うような気がする。

植物図鑑で調べてみると、これは在来種のニホンタンポポでした!

 

在来種はセイヨウタンポポに駆逐されてしまったと勝手に思い込んでいましたが(笑)、生育環境の条件が合った所では見かけることもあるようです。

ニホンタンポポとセイヨウタンポポの見分け方は、花の裏側の部分で確認できます。

総苞片が反り返っているのがセイヨウタンポポ。総苞片が花を包み込んでいるような形だとニホンタンポポです。

総苞片が包み込むような形になっているので、これはニホンタンポポだと分かりますね(^^)

在来種には白い花弁のタンポポもあるらしいので、いつか見てみたいな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください