矢立を使う

先日、試しに使ってみた自家製墨で手紙を書くか。

 

まずは、墨を磨る。

墨を磨りながら思い出した!

 

せっかくなので、あの道具を使ってみよう。

 

妻の実家の蔵から出てきた古道具。

うちに来てから棚に飾られてホコリをかぶっていた。

矢立(やたて)。

携帯用の筆記具。

 

ようやく出番だぞ。

 

中には黒い繊維が入っていた。

ちなみにこの部分は、墨壺部分。

新しく入れ替えよう。

 

去年、庭で育てた綿。

これを入れてみよう。

いい感じ。

そして、磨った墨を投入!

いいじゃん。

まさかこの道具も実際に使われる日が来るとは思わなかっただろう。

 

筆は長かったので入る長さにカット。

ちなみに筆は、細長い部分に収納できます。

うまく出来ている道具。

 

さあ、本来の目的。

この矢立を使って手紙を書くか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください