鉄瓶の錆とり再挑戦

前回、鉄瓶の錆とりをいろいろ試すが・・・

余計にひどくなった・・・

DSC06293

しかし、諦めずに再挑戦!

調べた結果。

「タンニン」が効果があるようです!

 

茶葉等に含まれるタンニンと鉄が結びついて被膜ができるようです。

前回は、家にあった「ほうじ番茶」を使ってみたが、結果はいまいち。

 

他のお茶を買って試そうと思ったが、「ほど暮らし」的には身近な材料を使わなくては。

そこで身近な「タンニン」を探すことに。

 

タンニンが含まれているものといえば・・・

柿渋」!まだ熟成中だった。

 

渋いもの・・・そうだ!

栗の木があるではないか!!

調べたら、イガ、葉っぱ、樹皮などに「タンニン」が含まれているそうな。

 

以前伐採してもらった栗の幹も枝もあるのでそれを使ってみよう。

早速細かくして羽釜へ

DSC06366

鉄瓶を沈めて煮る。

 

結果は・・・

DSC06394

黒!

DSC06396

取っ手も真っ黒。

DSC06398

DSC06399

中も少し茶色のところがあるが黒。

茶色だった鉄瓶が黒色に。不思議だ。

 

ひとまず使えそうな感じ。

これで数週間使ってみよう。

 

おまけに錆とりしていない焼き印も「タンニン」で煮てみた。

・処理前

DSC06367

DSC06370

 

・処理後

DSC06387

DSC06386

みごとに黒。

 

「タンニン」で煮るのありだな!

あと、栗の木が意外と使えるな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください