復活の斧

現在住んでいる古民家から出てきた

DSC04532

「柄がない錆びた斧」

 

金属ゴミの日に鉄くずに出すか~

 

いや待てよ。

これは昔に使われていた鉄製。

捨てるのは、もったいない!

 

柄をつけて研いだら使えるではないか!

 

ということで修理。

 

柄が折れて穴に木が埋まったまま。

手強そう。

DSC04533

ドリルやノミを駆使して取り外す。

DSC04534

 

折れた柄の部分もあったので穴に入るように加工。

クサビで止める。

DSC05967

なんかグチャグチャになった!

あっているかは不明だが、抜けなさそうなので良しとしよう。

 

DSC05966

とりあえず刃先だけ研いでみた・・・

しかしどのぐらいに研げばいいかわからなかったので適当に。

 

「復活の斧」。

DSC05965

この斧も使われる日を待ち望んでいただろう。

 

薪割が一段と楽しくなりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください