ドロバチの巣の焼き物

消し炭を炭と灰に分けていたら。

変な形のものが出てきた。

 

なんだろう。

 

灰のカタマリかと思ったら。

素焼きされたドロバチの巣だった!

薪に付いていたのを一緒に燃やしたのだろう。

 

普通に持っただけだと崩れない硬さ。

さすがに力を加えると壊れた。

 

ちゃんと焼けば、しっかりした焼き物になりそう。

 

ドロバチの巣作りをみて、ドロバチの巣を焼いてみて。

自然の陶芸家

人はドロバチの巣から陶芸を学んだのでないだろうかと思ってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください