バスク風チーズケーキ

流行りのバスク風チーズケーキを作ってみた。

いまいち普通のベイクドチーズケーキとの違いが分かっていませんが(笑)

作り方でベイクドチーズケーキと違う所は、型にクッキングシートを敷くこと、高温で焼くこと。かな?

レシピ覚え書き。

材料(径15cm高さ5cmセルクル使用)

・クリームチーズ 200g

・卵 2個

・てんさい糖 62g

・はちみつ 8g

・プレーンヨーグルト 100g

・生クリーム 130ml

・薄力粉 大さじ1

型にクッキングシートを敷きこむ。オーブンを220℃に予熱しておく。

クリームチーズをボウルに入れて、泡だて器でクリーム状になるまで練る。

砂糖、はちみつを入れて擦り混ぜる。

溶き卵を3回に分けて入れ、混ぜる。

薄力粉を振るい入れて混ぜる。

生クリームを入れて混ぜる。

ヨーグルトを入れて混ぜる。

濾し器で濾して、型に流し入れる。

220℃のオーブンで30分焼く。

焼き上がったら粗熱をとって、冷蔵庫で冷やす。

完成。

もうちょっと焦がした方が良かったのかな?正解が分からん。

しっとりなめらかで美味しかったです♪(*^0^*)

本当はクリームチーズを300~400gくらい使うみたいなんですが、クリームチーズお高いので今回プレーンヨーグルトで嵩増ししました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください