甲なしの手甲

先日、作った手甲。

甲の部分が無かった場合の使い勝手はどうなんだろうと。

 

手甲の甲のないバージョンも作ってみよう!

 

そしたら、もはや手甲ではなくなるのだろうか?

手筒?腕貫?

なんていう名称なんだろう。

 

今度、図書館で調べるかー。

 

以前、縫った袴の余った帆布生地があったのでそれを使用。

 

いままでの手甲と脚絆をもとに少し改良。

つけるとこんな感じ。

カメラせいでマッチョに見える。

最近、獣のせいで庭の作業をあまりしていなので、本当は貧弱になっています。

 

甲なしもありかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください