パーコレーター

キッチンの棚を片付けていたら、ホコリだらけのパーコレーターを発掘。

貰い物なんだけど、そういえば一回も使ってないなぁ(^_^;)

試しにコーヒー淹れてみよう。

パーコレーターは網目が大きいので粗挽きのコーヒー豆を使います。

まずはパーコレーターの中に器具を入れずにお湯を沸かし、沸いたら火から下ろしてコーヒー豆を入れた器具をセットしてもう一度火にかけます。

ふたのつまみ部分がガラスになっていて、抽出されている様子が分かります。

写真じゃ分かりにくいけど、コーヒーがコポコポと湧いてるのが見えます。

コーヒーが好みの濃さになったら完成。

さて、お味の方は…。

うん。ちゃんとコーヒーだ!(笑)

パーコレーターはお湯が循環して何度もコーヒー豆を通過するので、エグ味が出やすいと思ったんですが、そんなこと無かったです。でも、舌触りがザラザラでした。もっと粗く挽かなきゃダメかな?

私はやっぱりハンドドリップの方が好きだな~(^∀^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください