薪風呂とバケツ

薪で風呂を沸かすと熱々になる。

冬だと適温に沸かすと、入った後はお湯が減った分、水を足す。

温度が下がるので次の人が入れる温度になるまでまた時間がかかる。

なので最初に熱々に沸かす。

そして混ぜずに熱々の上の部分のお湯をバケツにためる。

減った分、水を足すとちょうどいい温度になる。

入った後、この熱々のお湯を戻せば次に入る人も熱々になる。

薪の風呂は、温度調節が必要なので工夫が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください