種が出来始めていた

大きくなったヒマワリ。

その1本が枝の途中から折れている。

しかし、よーく見てみると種が出来始めていた。

折れても元気なヒマワリ。

「種が出来始めていた」への3件のフィードバック

  1. はじめまして、
    いつもブログを楽しみに拝見させていただいています(^^)

    今回のブログ内容についてのコメントでは無いのですが、相談がありまして…

    私と主人は、昨年から耕作放棄地だった農地を借りて、畑を始めました。

    初めての去年の秋作は、作物の周りを背の高いススキで囲って隠してみたのですが、綺麗にイノシシと鹿に食べられ、
    今年の春作は、木や竹を積んでバリケードにしていたのですが、また食べられてしまいました。
    そして、かなり大変そうだが、やはり竹柵を作ったほうがいいなということになりました。
    しかし、実際に畑に穴を空けようとすると、石に当たったりで、ホーラーをつかって竹一本分の穴を空けるのも大変です。
    なかださんも大変な労力と時間をかけて作られたと思いますが、穴あけはどのように行われたのでしょうか?
    あと、竹の下の方はかなり太いですが、やはり縦割りしたりせずに適した太さの部分だけを丸のままで使った方が長持ち しますよね?
    最後に、うちの畑は猿が出るのでその対策も考えなければならないのですが、なかださんの畑には出ますか?

    畑を竹柵で囲っている方の情報がとても少なくて、初めましてで質問ばかりになってすみません!
    もしよろしければ、教えていただけたら本当に有難いです。
    よろしくお願いいたします。

    1. はじめまして、ブログ見ていただきありがとうございます。
      穴はスコップであけました。でも横にも竹をわたして倒れないようにしているので数本に1本しか竹は地面にささっていないです。
      割った竹は強度がなさそうなのと割るのが大変なのでそのまま使いました。
      うちは猿がでないので、高さ重視のほぼシカ対策仕様の竹柵です。

  2. お返事ありがとうございます。

    たしかに!!横に竹を渡して、竹を埋める回数を減らすのは思い付かなかったので、早速やってみます!
    猿対策も勉強しながら加えていこうとおもいます(^^)

    本当にありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください