袂袖から筒袖へ

移住する前に縫った長着。

 

移住してから徐々に袴生活が多くなり、長着から半着へ改良。

最近、外出するときは、ほぼ袴。

長着+袴でも着れますが端折るので尻がモコモコに。

なので袴を着る時は、半着。

 

さらに最近、巻袖を着だしてから。

袖先の下がないほうが動きやすい。

いちいち襷掛けしなくても済むし。

ということで、この着物をさらに改良。

筒袖にしました。

これで袖先の下が邪魔にならなくなった。

 

現状、この形がベスト。

長着から半着へ。

袂袖から筒袖へ。

 

着物が実用的になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください