がいし引き配線

今住んでいる古民家では、あまり見たことがない配線が施されている。

DSC05019

2本の電線を離して並べて配線している。

現在の住宅は、1本のケーブルに2本の電線が入っているのが主流みたいで今まで住んできたところもそうだった。

 

「がいし引き」配線という施工方法。

DSC05015

左が1本ケーブルの配線、右が「がいし引き配線」

 

昔は多く使われてきた配線方法らしい。

確かに他の古民家を見たらこのような配線だった。

 

「レトロ」感を醸し出してくれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください