囲炉裏焙煎

囲炉裏で一度やってみたかったこと。

それはコーヒー豆の焙煎!

コーヒーの生豆を入手したので早速焙煎してみました♪

DSC06595

これが焙煎する前のコーヒー豆。白っぽい色をしています。

今回はインドネシアのお豆で挑戦(`・ω・)q

DSC06598

手網に入れて焙煎開始!

火にかけたら焙煎が完了するまでひたすら左右に振り続けます。

焙煎すると2度ほどハゼる音がします。これを1ハゼ、2ハゼと言うみたい。

1ハゼで火から下ろすと浅煎りで酸味系の味、2ハゼまで煎ると深煎りで苦味系の味になります。

 

豆がだんだんと色づいてきたけど…あれ?1ハゼが来ない(^^;

聞き逃しちゃったのかな?それとも火力のせいなのかな?

結構豆が黒くなり始めてようやくパチパチ聞こえだしました。

これは2ハゼかな?これ以上煎ると真っ黒になりそうだったので、このくらいで終了させました。

DSC06599

めっちゃ良い匂い~(*^▽^*)

コーヒーを淹れた時とはまた違う、甘くてまろやかな香り♪

焙煎が終わったら次は冷却。自然に冷めるのを待っていると余熱で焙煎が進んでしまうので、扇風機やドライヤーの冷風で冷まします。

ちょうど夜にこの焙煎をやっていたので、外に出て夜風で豆の冷却をしました(笑)

月明かりの下でシャカシャカと豆を冷ます女…傍から見たら絶対怖いよね(‐▽‐;

 

DSC06602

つやつやして綺麗!

すぐにでも味見をしたいところだけど、焙煎直後より3~5日寝かせた方が良いらしい。

DSC06603

袋に入れて、おやすみなさい。

飲むのが楽しみだな~(≧▽≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください