BIZEN中南米美術館

今日は以前から気になっていたBIZEN中南米美術館へ行ってきました(^^)

入り口から既にワクワクしますね!

ちなみに美術館の外壁のタイルはすべて備前焼だそうです。すごいな。

 

こちらではなんと展示物の写真撮影OK!、さらにワイワイ・ガヤガヤOK!

なんともおおらかな美術館(笑)

作品の説明もゆるい語り口調で、すごく親近感が湧く感じがして読みやすかった(^▽^)

それにしても中南米の土器や土偶は造形が美しい!

日本から出土した土器・土偶とは違った味わいがある気がする。

土の性質や焼き方の違いなのでしょうか?興味深いです(・ω・)q

 

中南米美術館のキャラクターにもなっている土偶。

 

祭礼のお面。こういう民族のお面好き♪土間に飾りたい(笑)

 

なんか可愛い(^ω^)

なんか可愛い(^ω^)

 

今日一番のお気に入り!猫型のボトル(^ω^)

 

ミュージアムショップにもマニアックなものがいっぱい。

気になったものを2点買って帰りました。

【百年の蜜】

メキシコ産リュウゼツランのシロップ。

リュウゼツランはテキーラの原料となる植物です。

【神の実コーヒー】

マヤナッツと呼ばれる木の実で作られたコーヒー。

どんな味がするのか飲むのが楽しみ♪

 

とっても楽しかったから展示物が入れ替わったらまた見に行こう(*^▽^*)

BIZEN中南米美術館

〒701-3204 岡山県備前市日生町日生241-10

開館日:土日祝(※一週間前までに2名以上で予約をすれば平日でも開けてくれるそうです!)

 

ちょうどカキオコの季節なので日生(ひなせ)にお越しの際は中南米美術館もチェックしてみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください