庭のエンバクを食べてみた

鹿の脅威が少ない家の前。

コンクリートが一面にうっていたので一部を剥して植物栽培。

コンクリートの下は、植物が育ちにくそうな粘土質。

 

なのでエンバクを植えてみた。

 

そして収穫。

玄関前に何日か干していたエンバク。

乾燥してきたので食べてみるか。

 

まずは脱穀。

カラは、ゴム手袋でとる方法。

カラがとれた。

以外に中身が入っているんだな。

 

さて、どうやって食べるか。

よくわからないので蒸して食べてみる。

 

洗って水に30分ほど漬けて。

45分蒸す!

 

味見。

かたいけど食べられないほどではない。

雑穀を食べている感があって美味しい。

 

ヨーグルトに入れて食べてみた。

エンバク、ありだな。

 

水に漬ける時間と蒸す時間をかえればもっと美味しくいけそう。

来年もエンバクを育てたくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください