ダマスク柄の袴

ダマスク柄の片身変わりの短袴が気に入ったので半着も縫う。

生地を多めに買ったのでついでに長いほうの袴も縫う。

間違って裾の部分を反対に縫ってしまった。

でも折り返して使うので結果的に問題なさそう。

今年も短袴

年中大活躍の短袴

夏はそのまま着て、冬は通常の袴の下に着る。

去年から着ている便利な短袴。

一着、穴が開いたので修理することも考えるともう一着ほしいな。

なので、今年も短袴を縫う。

ダマスク柄と黒の片身変わり。

この組み合わせ、なかなか気に入った。

袴六号を改良

先日縫ったカーキ色の裁付袴の使い勝手が抜群だった。

裾がひらひらしないので動きやすい。

なので一年半ほど前に縫った袴六号もこの形状に改良してみた。

・改良前

筒状の裾を追加。

・改良後

早速履いてみるとこんな感じ。

裾を少し長めに作ったので折り返して使用。

野袴のような形状に。

良い感じに進化した袴。

二枚目の裁付袴

庭作業に重宝している裁付袴

竹林に入ったり茂みに入ったりするときは裾が狭いほうがいい。

地下足袋や脚絆への収まりもいいし。

今まで十枚の袴を縫ってきましたが裁付袴は一枚だけ。

一枚でやってきましたがもう一枚あったほうが便利そうなので新しく縫う。

今回の布地は、カーキ色の11号帆布。

丈夫だ。

そして形も少し改良。

裾の形はそのままで本体部分を長くした。

なので裁付袴として庭作業でも使えるし。

裾を折り返して野袴のような形でも使えるようにした。

いいのではないでしょうか。

早速、庭作業で試そうと思いましたがあいにくの雨。

次晴れたら使い勝手を試してみよう。

袴を二重履き

最近、寒くなってきたので上衣の半着を二重に。

そして、作ってから毎日着ているねこでさらに背中あったか。

下衣は、昨日までは短袴でしたがさすがに寒くなってきた。

通常の袴を着ようと思いましたが、もしや袴も重ね着したらあたたかいのでは。

なので下衣は、短袴に袴を重ね着に。

思っていたよりもしっくりきたので袴の二重履きもありだな。

さらに短袴

涼しくなってきた季節。

最近、導入した短い袴も朝晩はすこし厳しくなってきた。

袴から短い袴にしたやつ新しく縫った短い袴

さらにもう一着縫った。

妻からもらった厚手の綿生地を使用。

夏に大活躍した短い袴。

次の出番は、真冬だな。

袴の下にこれを着ると暖かくなりそう。

短袴

短い袴はなかなか着心地と使い勝手が良かった。

もう一着ほしくなったので一から縫うことに。

大きい布が見当たらなかったので妻が持っていた布をもらう。

ドットとチェックの半分半分になった。

この柄あわせもなかなかあり。

さっそく履いて生活。

短い袴へ改良

最近、はけるステテコが無くなってきた。

長年使用しているユニクロで買ったゴム紐のステテコ。

穴が開いたり裂けたりして履けなくなってきた。

修繕しようと思ったけど、修繕してもすぐに他の部分が破けそうな状態。

どうしようか。

通常だと新しく買えばいいという発想ですが・・・。

そうだ。

作った袴を短くして使おう。

作った袴も増えてきたので1つを短くしてみるか。

3年ほど前に縫った4号袴。

裾を切って短パンのサイズに。

早速履いてみるといい感じじゃないですか。

まだまだ暑い日が続くので短い袴はちょうどいい。

また一つ、洋服を着なくなった。

時代衣裳の本をリクエスト

最近、どんな着物が普段、着やすいか研究中。

一般的な長着は、いまいちだし。

甚平と作務衣は、縫う時に問題ありだし。

そこで役立つのが図書館!

和裁の本や昔の着物の本などを借りて調べています。

そして参考になりそうな本を発見。

時代衣裳の縫い方。

主に貴族系の服だけど。

小袖の寸法なども記載されていたので参考になりそう。

あれ。

この本どこかで見たことがあるような気がする。

そういえば最初に袴を縫ったときに参考にした本だ。

どの本を参考にしたか完全に忘れていたのでスッキリ。

ナカダの袴は、大口袴がベース。

そこから改良を重ねて今に至る。

ナカダの着物生活に必須の本でした。

そして今回この本はリクエストで借りました。

ここの図書館に置いてなかったので取り寄せてもらいました。

県立図書館のバーコードが貼ってありました。

ネットでリクエストできるので便利。