「木」の年

2019年の書初め。

「木」

今年は樹木図鑑を借りたりして、庭や家の周辺の木がなにかを学んだ。

あと拾った樹木の種を蒔いたり。

今まであまり興味がなかった木がさらに面白くなってきた。

今年も充分に木を楽しめたので来年もさらに学んで楽しんでいこう。

自家製墨については、今年は薄かったので来年はもっと濃く磨ってみよう。

巨大ヘチマ

スンメに絡みついているヘチマ

さらにその向こうの竹柵にまで到達している。

そのヘチマの実がかなり大きくなっている。

しかも、たくさんの実。

このヘチマは、池の横に植えてある。

なので水が切れることがないからグングンと成長しているのか。

乾燥したら収穫してタワシにするか。

除草してくれない鹿

竹柵の外側は、草ボーボー。

鹿が食べてくれないなー。

夜は近くで音がするので、おそらく来ているはず。

でも入り口の外のヨモギは食われていた。

最近来ている鹿は、柔らかい草しか食べないのか。

ササとかイネ科の草も食べてくれよ。

「竹」の年

2018年の書初め。

「竹」

ほど暮らしに欠かせない竹。

今年は竹柵を築いたことが一番の竹利用。

足跡があるので鹿が柵のまわりをうろうろしてそうだけど柵内は無事。

竹柵完成後は安心して眠れます。

あとは今まで同様に燃料として竹にお世話になったなー。

来年からも竹とともにおくる生活。

そういえば書初めの墨は自家製

半紙は茶色くなり煤が降り積もっていますが。

墨の黒はしっかりと定着しています。

年賀状にも自家製墨を使用。

来年の書初めも自家製墨を使う予定。

そんな墨の原料の煤。

こいつも竹を燃やした時にできた煤が含まれている。

やっぱり竹はいろいろ使えるな。

花壇のつづき

花壇予定地の雑草を一掃したので次は縁石を組みます。

縁石は庭のコンクリートを剥がした時に出た破片を再利用。

あんまり綺麗にできなかったけど、まぁ…とりあえずこんなもんで良いか(^^)

鉢植えのつるバラが窮屈そうにしているので、ここに直植えしてあげようかな?

竹柵完成

9月末から開始した竹柵づくり。

 

完成!

約48mの竹柵。

出入口は竹扉4か所。

 

思っていたよりも早くできた。

これで当分、鹿さんは侵入できないでしょう。

さらば獣害。

 

来春から何を植えようか。

考えるだけでワクワクします。

 

今後は、弱そうなところや倒れないようにちょくちょく補強せねば。

 

今回の柵づくり代。

番線200本入り4箱で約12,000円。

思っていたより低予算でできたので良かった。

 

竹は何本切ったのやら。

いちよう間引くように切ったので明るい竹林に少しはなったかな。

まーイノシシがいるのでタケノコは食べれませんが。

 

予定では毎年エリアを拡張していこうと。

そのうち竹柵だらけの怪しい感じになるだろう。

花壇リベンジ

昨年の2月に花壇を作った時、その頃はまだ獣の脅威はありませんでした。

今ではもう花壇は荒らされて無残な姿です…。

 

夫が毎日コツコツ竹の柵を作ってくれたお陰で、今度こそは花壇を作れそう!

花壇リベンジ!

ここの角に作ります。まずは笹や雑草を除去しなくちゃ。

去年作った花壇はこの左側にありました。

これは去年作った時の写真。結構頑張ったのにな…。

今ではもう獣の遊び場です(^^;)

 

笹の根っこが張り巡らされてて大変だったけど、なんとかキレイになりました。

さて何を植えようかな?(^^)

東側の竹柵

最近、夜中によく鹿が鳴いている。

 

ピューピューと高い声。

近くで鳴いているのでうるさくて起きてしまう。

 

しかし、庭の植物たちは無事。

西側からはもう侵入できないし、東側は進行中で今日ようやく完成。

あとは道沿いの南側に竹柵を築けば完成。

残り3分の1。

今年中には完成できるだろう。

 

鹿さん達よ。

侵入するなら今のうちだよ。