シカに起こされる

昨夜は、シカに起こされた。

深夜に竹柵の外に置いてある箱の蹴る音で目覚める。

竹柵の周囲をガサガサ音を立てながらウロウロ。

さらにピューピューと鳴き出す。

静かに行動してくれませんかねー。

竹柵の外にもたくさん草が生えているのになぜ竹柵内の草を狙うのか。

そして、今朝起きたら外が獣臭かった。

除草してくれない鹿

竹柵の外側は、草ボーボー。

鹿が食べてくれないなー。

夜は近くで音がするので、おそらく来ているはず。

でも入り口の外のヨモギは食われていた。

最近来ている鹿は、柔らかい草しか食べないのか。

ササとかイネ科の草も食べてくれよ。

新たに生えるかと思いきや

一昨日の竹林。

手前のほうにタケノコらしきものが!

おっ!

タケノコだ。

イノシシが食べ残したのか。

20cmほど成長したタケノコ。

ちょうど竹が生えていない位置。

このまま生えてくれたらいいなと思いつつ。

昨日は雨だったのでグングン成長していることを祈りつつ。

竹林を見に行ったら・・・

タケノコがいない。

掘られて食べられていた。

残念。

再生しない竹林

一段と凸凹になっていく竹林。

 

イノシシが地面を掘ってデコボコ。

 

掘られすぎて倒れている竹もチラホラ。

こんなに頑丈な根を掘り起こすなんて。

イノシシおそろしや。

 

イノシシにタケノコを全部食べられて、新しい竹が全く生えてこない竹林。

良いのや悪いのやら。

 

使っていない荒れ果てた竹林だったらそれでいいかもしれませんが。

惜しげもなく竹を使う、ほど暮らしでは沢山生えてきてほしいな。

 

化石燃料のように再生しない資源になっている、家に一番近い竹林。

 

と言いつつも今日もたくさん竹を燃やします。

折られたヒマワリから鹿対策の竹柵へ

身長を超え2m以上になっていたヒマワリ。

そのヒマワリがいない。

・・・鹿に食べられました。

葉っぱと先端は食われ、茎は途中で折られて無残な。

もう復活はしないだろう。

折られた太い茎。

何かに使えるだろうか。

 

早速、鹿対策。

鹿が通ったであろうところに竹の柵。

いい感じの竹柵ができた。

 

今度はどこから攻めてくるのであろうか。

鹿たちよ。