ナスタチウムの種

のびのび育っているナスタチウム。

来年用の種を収穫。

さわったらポロっと落ちるので地面に落ちる前に採種。

上の採種したてはまだ緑色。

下の茶色は乾燥させている途中。

時間が経って茶色くなれば、購入した時の種っぽくなってきた。

実際育てて種を採れば、よくわかるなー。

巻きつくナスタチウム

ナスタチウムがツル植物だったことを知った今日この頃。

さらにグングンと伸びてきています。

そして、よーく見てみると。

園芸ネットに葉っぱの軸が巻き付いている。

こうやって自然に支えているのかー。

こんな機能を持っているなんて驚き。

ナタマメ

ナタマメ栽培に挑戦!

開花中。

莢が出来始めているやつも。

よく観察して収穫せねば。

エンドウやインゲンのようにあっという間に莢が大きくなって。

採り時を逃してしまわないように。

ほっといたら先端が天に向かって伸びていっている。

ジャックと豆の木か。

スイカズラ発見

庭を散策していると・・・

 

月桂樹に何か絡まっている?

どこかで見たことがあるような花が。

これはもしや。

スイカズラではないか!

 

ナカダガーデンの仲間にしようとしていたやつ。

ハニーサックルという名でネットで販売していたので購入を検討中でした。

 

花がいい香り!

薬草としても使えるようですし。

本体はこのままにして挿し木して家の前に植えてみよう。

 

この庭は、まだまだ何かありそうだ。

ミツバアケビ

何年も手入れされていない古民家の庭。

ツル植物たちも生い茂っている。

ただの邪魔な植物だなと思ってしまいそうだったが・・・

これはいかん!

「ほど暮らし」とは、身近にある使える植物を利用する。

ということで図書館で借りてきた本で調査。

夏休みの自由研究みたいで楽しい!

ゲッケイジュに絡みついているツル植物。

よく見たら花が咲いている。

葉っぱを確認してみたら正体が判明!

「ミツバアケビ」!

アケビの一種らしい。

用途もほぼアケビと同様。

あれ、この葉っぱどこかで見たような気がする・・・

そうだいつぞやに植えたアケビの種

おぞましいくらいに芽が出てきていたこれ。

庭にあったらいいなと思い何本か鉢上げ。

葉っぱの形が同じ。

こいつも「ミツバアケビ」だったのか!

クコ同様にけっこう庭に生えていた。

アケビのツルはいろいろと使えるらしい。

ツルを使った何かを作ってみたくなりますな。

あと今年は、アケビを食べてみようかな。

庭にまた一つ資源が増えた。