漢服の画像をみていたらふと思った。

スカートみたいなやつ。

これ子供服にいいじゃん。

構造を調べてみたら巻きスカートのようです。

巻き加減を変えたら長く着られそうだし。

形もシンプルで縫いやすそう。

日本では「裳」というやつ。

僧侶が岩に掛けて地名になったとかゆうやつ。

早速縫ってみた。

一つ身長着を縫ったときに余っていたオックスフォードのダマスク柄。

スカート類は縫わないので襞部分がよくわからなかったけど。

なんとなく縫う。

早速、着せてみる。

着方は、中国人の漢服を着る動画を参考に。

便利な世の中だ。

サイズもぴったり。

かっこいいねー。

襞を研究して他にも「裳」を作ってみるか。

洗濯したらどこかの岩に掛けてみようかな。

腰揚げ

涼しくなってきて久しぶりに一つ身長着

丈が短い。

でも心配ご無用。

腰揚げを調整すれば問題なし。

一旦腰揚げの糸をほどいて。

前よりも少し丈を長くして再度腰揚げ。

ぱっと見た感じはあまり変わりませんが。

着たら足も隠れてちょうどよい長さに。

腰揚げ位置を変えたらまだまだ着られる。

自分用

先日買ったミュシャの生地で何を作ろうか悩んだ結果、自分用のマスクポーチを作ることにしました。

どの部分を使うかで、これまた悩みに悩みました(^∀^;)

出来上がったのがこちら。

「サロン・デ・サン第20回展のためのポスター」がマスクポーチのサイズにぴったりだったので、この部分を表地に採用しました♪

裏面はこんな感じ。

内側はこんな感じ。ミュシャに合うようなエレガントな生地が無かった…。

外出の時はこのポーチにマスクとウェットティッシュを入れて使おうと思います♪(*^-^*)

ドングリ柄の腹掛

最近、昼は暖かいので子供は肌着に金太郎腹掛

天気が悪い日が多く、腹掛の替えが欲しいので追加で縫う。

表地は、羽織の裏地に使ったドングリ柄のオックスフォード生地。

裏地と紐は、ダブルガーゼ。

赤黒の袷羽織

自分用の袷羽織。

子供2枚相方1枚に引き続き。

袖の形は、巻袖+筒袖

袖は長くに作っているので折り返して使用。

襟と袖先を赤黒の市松柄にしてみた。

すぐ暖かくなってくるので本格的に活躍するのは次の秋から。

ちなみに2号下駄の鼻緒はこの羽織を縫ったときの端切れ。

なかなかいい柄だったので使ってみた。

綿入りの鼻緒

先日、作った下駄がなかなか使えそうだった。

なのでさらに下駄を作ってみた。

立ち枯れした桐の丸太がまだ残っているので土台を作る。

そして、今回の鼻緒には綿を入れてみた。

子ども半纏を縫ったときに微妙に残った中綿を使用。

2足目の下駄ができた。

かなり土台がガタガタですが自分で使うには十分。

大人の袷羽織

子供の袷羽織を縫っていたら大人の羽織も縫いたくなった。

構造は、ほぼ同じでサイズが違うだけなのでスムーズに縫えた。

表地は、綿麻キャンバス。

裏地は、オックス。

洋服の上にも羽織れそう。

ちなみにこの羽織は、自分用じゃなくて相方用。

子供袷羽織

製作中の子供袷羽織が完成。

表地はダマスク柄の片身変わり

裏地は椿柄のドビー生地。

試作を縫っていたのでスムーズに縫えた。

現在は、裾が地面すれすれだけど成長したら、ちょうどよくなりそう。

袖の肩揚げをしているので成長しても長く着られそう。

羽織製作中

試作が思ったより使えた袷羽織。

最近の暖かい日は、綿入り半纏ではなく羽織を着ています。

ダブルガーゼの裏表がちょうどいい。

そんな羽織ですが、ようやく本番の外出しても着られる袷羽織を製作中。

ダマスク柄の方身変わり

裏地は、椿柄を予定しています。